浮気調査や不倫調査の相場は?コストを減らすポイントとコツをご紹介!

浮気調査や不倫調査をプロの探偵に依頼したくても、費用がかかるのが気になって最初の1歩がなかなか踏み出せない人もいるかもしれませんね。このような調査は、どこに仕事を依頼するかや調査方法で費用が大きく変わります。ここでは、浮気調査、不倫調査の費用を安くするためのポイントや、コストを抑えるコツを紹介します。

浮気調査や不倫調査の相場

浮気調査や不倫調査の料金には、幅があります。例えば、比較的簡単な調査の場合は、だいたい10万円から20万円前後が相場です。利用する探偵事務所によっては、10万円以下で浮気調査や不倫調査ができるケースも見られるようになっています。低料金の調査では、調査対象者が浮気や不倫をしているかどうかの確認が主な目的になるケースが多いです。「夫が浮気をしているかもしれない」や「妻に恋人がいるのではないか」などの不安を抱えている人が、事実を知るために利用するのがこの手の低料金の調査です。

配偶者の浮気や不倫の証拠を押さえるなど、少し踏み込んだ調査をする場合は、20万円以上の費用がかかるケースがほとんどです。「裁判にも使える調査報告書を作ってもらいたい」場合の費用の相場は、30万円から40万円前後といったところ。このような調査の報告書は、離婚の裁判でもしばしば証拠として採用されます。例えば、「相手に慰謝料を請求したい」場合、不貞の証拠があると有利になることが多いため、離婚の前に探偵に調査を依頼して証拠を押さえる人もいます。

妻や夫が「浮気相手と失踪してしまった」ケースの場合は、より高額な費用がかかるのが一般的です。こういったケースでは、50万円以上の費用がかかることも少なくありません。調査を担当する探偵が遠方の街まで出張しなければならないと、費用もかさみます。調査のために海外などに出向く必要があるときには、かなり高額な料金を請求される可能性がでてきます。

安くしたいときのポイント1「調査の目的」

どのような調査内容を選択するかで、浮気調査や不倫調査の費用は決まってきます。浮気調査や不倫調査の費用を安く抑えたい場合、1つのポイントになるのが調査を依頼する自分の目的です。その人に合った調査は、目的によって変わります。例えば、「浮気をしているかどうかが確認できればよい」場合は、コストがかかる高額な調査を依頼する必要はないでしょう。このような目的で調査を依頼するときは、事実だけが確認できる低料金の調査を依頼すれば事足ります。また、初めてその探偵事務所を利用する場合、調査力のレベルがわからないことが多いですよね。

「いきなり高額な調査を依頼するのは不安」な場合も、低料金の調査が向いています。結果を確認してから、より詳しい調査を依頼するかどうかを決めれば失敗のリスクが少なくなるでしょう。ただ、「浮気の疑いが濃厚」や「離婚を考えている」ときは、最初から詳細な調査を依頼したほうが、費用がかえって安く済むことがあります。調査を引き受ける事務所では、依頼人の意向に合わせて調査のプランを立てます。依頼された時点で「浮気の証拠がほしい」といった要望があれば、1回の調査で浮気の現場写真を撮影できるように意識してもらえるでしょう。

調査のセットプランを用意している探偵事務所なら、追加料金なしで目的の調査を遂行してもらえる可能性があるわけです。追加で調査をする必要がでてくると、最初の調査の料金にさらに追加料金が加算される形になるため、場合によっては料金が割高になります。

安くしたいときのポイント2「調査の回数」

費用を安くしたいときは、何回ぐらいの調査を依頼するかもポイントになってきます。多くの探偵事務所では、探偵が調査に従事する時間数や日数で料金を決めています。1回から2回程度の調査で完結する場合は、当然のことながら費用も安く済むでしょう。調査対象者の行動パターンによっては、このような数回の調査でも十分に浮気の事実確認や証拠の確保ができる可能性があります。例えば、出張先などで浮気をしている人の場合、調査の回数を増やしたからといって、必ず成功率が上がるわけではありません。

出張のついでに浮気をするパターンの人は、浮気相手との密会が予想される日がある程度限定されてきます。見込みがある日に調査を行えば、調査の成功率も上がる可能性があるわけです。また、月に1回や2回といった決まったペースで浮気をしている人も、疑わしい日に調査を行うと成果が得られる確率がアップします。1回や2回の調査ならば、探偵の日当なども安く済むでしょう。探偵1人当たりに支払う料金は、1時間当たり6,000円から7,000円前後が相場です。ただ、探偵事務所によっては、1時間当たり10,000円以上の費用を請求するケースもあります。

調査の回数が少なくなると、機材や車両の使用料も最小限に抑えられる可能性がでてきます。調査機材や車、バイクの使用料などは、基本料金とは別に計上されるケースも少なくありません。調査の回数を減らすことで、人件費以外の実費も節約ができます。

安くしたいときのポイント3「調査対象者の警戒心」

浮気調査や不倫調査は、調査対象者に気付かれないように行うのが基本です。腕のよい探偵の場合、尾行調査などを行っても通常は相手にバレてしまうことはありません。ただ、調査対象である配偶者、浮気や不倫の相手が警戒している場合は少し話が変わってきます。調査対象者が浮気調査をしていることに気付いていたり、人一倍警戒心が強かったりするときは、調査に時間がかかることが多いです。例えば、相手が警戒心を抱いていると、尾行などがスムーズにできなくなるケースもあります。このような場合、密会の予定日をチェックするのも困難になるため、短期間の調査で目的を達成するのは少し難しくなるかもしれません。

相手の言動などから浮気調査の事実に気付いていると思われるときは、探偵事務所に相談をして、最適なプランを紹介してもらう必要がでてくるでしょう。このような場合、長期間の調査プランを利用したほうがお得になるケースもあります。短期集中型の調査は、調査に必要な日数分の料金で済みますが、短い期間で調査が終わらないときは費用がかさむことも考えられます。探偵事務所では、無料相談のサービスなどを行っていることが多いです。安く費用を抑えたいときは、このようなサービスを利用して納得がいく調査方法を探ってみましょう。

安くしたいときのポイント4「探偵事務所の料金スタイル」

できるだけ安く調査を行いたい場合、探偵事務所が導入している料金スタイルも1つのポイントです。探偵事務所の料金スタイルには、時給制や日給制、成功報酬制などがあります。時給制や日給制は、調査をする探偵が稼働した時間数や日数で料金が決まるスタイル。成功報酬制は、最初に少額の着手金を支払い、調査が成功したときに残りの費用をまとめて支払うスタイルです。時給制や日給制の調査は、調査の回数が少なく済むときや調査期間が短いときなどによく利用されています。このような料金スタイルの場合、回数や時間数が少なくなればそれだけ費用が安く済むわけです。

一方、調査期間が長引きそうな場合は、成功報酬制のほうがメリットが期待できます。成功報酬制は、調査の成果に応じて費用がかかるのが特徴です。このスタイルの場合も、調査にかかった実費などは最後に請求されます。ただ、時間数や日数で料金が決まるわけではないため、調査の期間が多少長くなっても日割りで料金が増えていくことはありません。また、成功報酬制の調査では、結果が不成功に終わったときに料金を請求されないケースもあります。

契約の際に決めた成功の条件を満たさない場合は、以後の支払いがゼロになる探偵事務所も見られるようになっています。浮気調査や不倫調査の費用を安くしたいときは、メリットが期待できる料金スタイルの事務所を選びましょう。

費用を抑えるコツ1「探偵事務所の料金を比較する」

安く利用できる探偵事務所を見つけるには、料金を比較してみるのがコツになってきます。浮気調査や不倫調査の料金は、探偵事務所の公式サイトなどで紹介されているケースが多いです。余り費用をかけずに探偵の調査を利用したいときには、目ぼしい事務所をいくつかピックアップして、調査料金を見比べてみましょう。このような比較をすると、その探偵事務所がどのような料金体系を取り入れているかがわかります。同じ時給制や日給制の事務所でも、料金には若干の差があるかもしれません。

料金が安い探偵事務所を探す場合、気を付けておきたいのが費用の安さだけで選ばないことです。探偵事務所は、それぞれ調査力や評判などが異なります。料金が1番安くても、調査力が低かったり、悪い評判があったりする探偵事務所は避けたほうが無難です。こういった探偵事務所は、料金以外の面でデメリットを被る可能性があります。例えば、調査力に問題があるときは、お金を払っても希望するような結果が得られない可能性がでてきます。また、評判が悪い探偵事務所も要注意です。この手の事務所の場合、サイトで紹介されている料金にさらに追加料金が発生するケースもあるため、慎重に判断をしたいところです。

費用を抑えるコツ2「事務所や拠点の所在地をチェックする」

探偵事務所の所在地をチェックして依頼先を選ぶのも、費用を安く抑えるコツです。大手の探偵事務所の場合、全国に拠点があるケースが多いです。このような探偵事務所は、どの地域でも利用がしやすいのがメリットになっています。全国に拠点が設けられていれば、対面での無料相談なども利用しやすいでしょう。事務所が近くにあると、相談に行くときの交通費も安く済みますよね。また、拠点が多い探偵事務所の場合、広い範囲で調査が必要なときにもメリットが期待できます。全国に拠点がある事務所は、各拠点の探偵と連携して調査を行えます。

調査員の旅費が余りかからなければ、その分料金も安くなるでしょう。調査費用を余りかけたくないときは、拠点の数が多い探偵事務所を選ぶのも1つの方法です。拠点が少ない地域密着型の探偵事務所を利用する場合、近隣のエリアだけで調査を行うのであればとくに問題はないかもしれません。ただ、こういった事務所は「失踪した配偶者を探す」などの、遠隔地に出向いて調査を行う必要があるときには余り向きません。探偵の旅費や移動に使った車の燃料費などを請求された場合は、調査料金も上がるでしょう。

費用を抑えるコツ3「自分でもリサーチをしておく」

事前に自分でリサーチをしておくのも、安く調査を行うためのコツです。調査をすべて探偵事務所に依頼すると、それだけ費用も上がる可能性があります。可能な範囲で自分で調査を行い、残りの調査を探偵事務所に依頼するようにすれば、費用が幾分抑えられるかもしれませんね。例えば、探偵が調査対象者の行動パターンをイチから把握するには、一定の時間がかかります。依頼人がこのような情報をあらかじめ入手しておけば、探偵がすぐに調査に取り掛かれるわけです。時給制や日給制で調査を行う場合、日数が少なく済むとそれだけ費用も減ります。

浮気や不倫の相手と会う日がわかっていれば、さらに効率的な調査が期待できるでしょう。また、デートに利用しているレストランなどを依頼人が把握していると、思いのほか短い時間で調査が終わる可能性がでてきます。浮気や不倫の調査は、依頼人が探偵に積極的に協力することで、調査費用が安く抑えられることもあるわけです。最小限の金額で浮気や不倫の調査をしたい人は、GPSの機器などを利用して情報を集めておくのも1つのアプローチになるでしょう。このようなリサーチやセルフ調査をするときに重要になるのが、調査対象者に気付かれないように慎重に行うことです。

相手に警戒心をもたれてしまうと、その後の調査が困難になってしまいます。メールの履歴や着信履歴をチェックするときにも、相手に警戒心を持たれないように十分に注意をしましょう。

調査を依頼するときは慌てて契約しないことが大切

ここで紹介したポイントやコツは、安く浮気調査や不倫調査を行いたいときに役立ちます。ただ、たとえ料金が安い探偵事務所が見つかっても、慌てて契約しないことが大切です。自分の目的に合う調査をしてくれるかどうかは、探偵事務所のスタッフから詳しい説明を受けないとわかりません。料金の比較がひととおり終わったら、無料相談サービスなどを利用して情報を集めてみましょう。浮気調査や不倫調査を依頼する探偵事務所は、少し慎重に選んでいきたいところです。