もしかして不倫?浮気や不倫の調査に使う小型GPS、隠し場所はどこがいい?

彼氏や彼女、夫や妻に
浮気・不倫の疑いはあるけど、確証がない。
そんな時は、
小型GPS発信機や、携帯でも見れるGPS発信機
などのレンタルGPSを活用して、
ご自身で調査しようとされる方も多いです。

ネット通販の大手の
楽天でも色々な浮気調査グッズが売られています。

楽天で人気の「浮気調査グッズ」を見てみる

しかし皆さん悩まれるのが、
どこに隠せばバレないのか、という点です。

GPSレンタルのメリット、デメリットと
合わせて設置場所を考えてみましょう。

小型GPSを活用するメリットは?

メリットは探偵さんを使うより、
自分で手配する分、費用が安く済みます。

一般的に探偵さんを使うと、
実際に動くスタッフさんの数や、
稼働日数によって差はありますが、

浮気調査はすぐに尻尾が掴めないことも多く
長期戦になると数十万~百万超の
金額がかかることも少なくありません。

GPSのレンタルであれば、
借りる期間にもよりますが、
数万円の出費で調査が可能です。

また、最大のメリットとしては、
居場所をかなり正確に把握することが可能です。

小型発信器のデメリットは?

GPSは電波が届くところであれば、
かなり詳細な位置を掴めるのですが、

地下や電波の届きにくい
大きな建物に囲まれたビルの中の一室など、

衛星を受信できない所では、
居場所を特定することができません。

また、車に仕掛けた場合など、
待ち合わせた後、相手の車に
乗り込み移動してしまった場合、
停車した場所までしか追跡できません。

電池が切れてしまっても
性能が発揮できないので、
充電が持つ機種を選びたいところです。

意外とミスしやすいポイントとしては、
GPSを自宅で受け取るところを
見つかってしまうと意味がなくなるので、
配送方法はレンタル前に
しっかりと確認しておきましょう。

最悪のケースも考えておくと、
もしGPSで浮気・不倫が発覚したとしても、
裁判では証拠能力が弱いです。

なぜなら、やろうと思えば、
友人や知り合いに頼んで、
GPSを移動させてしまえば、
証拠の偽装もできてしまうからですね。

それでも探偵さんに依頼するよりは、
コストを抑えることができるので、
利用を検討する価値はあると思います。

ただ、操作のプロではなく、
素人が設置するので、
バレないようにする工夫も必要です。

どこに設置すると良いのか?

車をよく使う相手であれば、
・車のカーペットの下
・ドアポケットの中
・車検証ケースの中
・スペアタイアの隙間
などに隠すことが可能です。

ただ、用心深い相手の場合、
浮気相手は助手席に乗せず

後部座席にしか乗せない、
というケースもあるので、

後部座席のカーペット下や
サイドポケットを使用する場合は、
注意して設置してください。

常に身に着ける可能性の高い
カバンの中はバレてしまう
危険度が高いと思いがちですが、

最新のGPSは超小型サイズの
タイプもあるので、
カバンの底などに上手く
設置するとまず分からないと思います。

バレたらどうしたらいいの?

これも悩みどころですね。

知らないととぼけることもできますが、
そうなると回収が難しくなります。

レンタルの場合、返却できないなら
弁償する必要も出てきます。

なので…
必ずバレないように設置してください。

不安な場合は、無料で
相談に応じてくれる探偵会社や興信所もあるので、
GPSレンタルをするべきかやめるべきか、
実績があるプロに相談することもできます。

楽天で人気の「浮気調査グッズ」を見てみる